DVD イソップ物語 全4巻 16話 4巻セット
世界中の子供たちに今でも読み継がれているイソップをアニメ化。作品毎に何らかの教訓が込められているイソップ物語は、楽しみながら自然としつけが身につき、教材としても価値の高い内容となっている。英語ミニレッスン付。

■各巻60分

★上映権付
全4巻セット ¥24,190 セット

★家庭内個人視聴版
全4巻セット ¥12,100 セット

セットの内容は下記をご覧ください。
セットの内容
イソップ物語 第1巻
 
 
木こりと金のおの ライオンとネズミ しったかぶりのさる 王さまになれなかった
カササギ
教訓●大切な斧を川に落としてしまった二人の木こり。神さまは、いつも正直な人の味方です。正直な木こりは金と銀の斧をもらい、うそつきの木こりは、自分の斧までなくしてしまいました。 教訓●ネズミなんかに何ができるとばかにしていたライオンですが……。どんなに大きく強いものでも、時には小さく弱いものの助けを借りることもあります。自分より力が弱いからと馬鹿にしてはいけません。 教訓●大きな船が沈んで乗っていた猿は海に投げだされてしまいました。その猿をイルカが助けてくれましたが……。見栄を張ってしったかぶりをすると人の気持ちをキズつけ、失敗してしまうことに。
教訓●鳥の王さまを選ぶことになりました。カササギは他の鳥たちの美しい羽を集めてすてきな羽になりましたが……。お金を借りてまでして立派な人に見せかけても、なくなってしまえばも元通り。

イソップ物語 第2巻
 
 
北かぜとおひさま まねしたカラス きつねとぶどう アリとセミ
教訓●旅人のマントをどちらが早く脱がせるかで、北風とお日さまが力比べをすることになりました……。脅したり、力まかせに言うことを聞かせようとするよりも、愛と誠意で人に接しましょう。 教訓●牧場でのんびりしていたカラスは、ワシが小ヒツジをさらうのを見てまねをしてみようと思いました。でも失敗してヒツジに捕まってしまいます。身のほど知らずのことはしない方がいいのです。 教訓●お腹をすかした狐はブドウを見つけて、なんとかそれを取って食べようと飛び跳ねますが、どうしてもブドウまで届きません……。自分の力の足りなさを別の理由のせいにしてはよくありません。 教訓●暑い夏の日、気持ちよさそうに木の幹で鳴くセミ。その下でアリがせっせとえさを運んでいます。やがて冬がきて……。後で後悔しないためには、最初からきちんとしておかなければなりません。

イソップ物語 第3巻
 
 
こな屋とロバ ウサギとカメ
けんかした牛
ひつじかいの少年
教訓●ロバを売りに市場に出かけた親子。ロバに親が乗ったり子が乗ったり、二人で乗ったりか担いだり……。とうとうロバを失います。他人の言うことに振り回され、自分の考えをもたない人は哀れです。
教訓●のろのろ歩いているカメを見て馬鹿にしたウサギ。そこでカメとウサギは山の上まで競走することにしました。生まれつき才能があっても、努力を忘れると、こつこつ努力する人にかないません。
教訓●仲よしの5ひきの牛。その牛たたちをライオンが食べたく狙ってていましたが、いつも5ひき一緒にいるのでチャンスがありません……。友達を信じていれば他人のつげ口など気にならないはずです。 教訓●退屈したひつじかいの少年は、「オオカミが来た」とうそを叫び、村の人があわてて集まるのを見て喜こんでいました……。いつもうそをついているといざ、本当のことを言ってもだれも信じてくれません。

イソップ物語 第4巻
 
 
いなかのねずみと
町のねずみ
森のばん人 畑にうめた宝物 かえるの王さま
教訓●町へやってきた田舎のねずみはすごい御馳走にびっくり。でも……。いつ困る時がくるかと、びくびくしながら生きているよりたとえ貧しくてものんびり穏やかに生きるほうが幸せです。 教訓●森の番人の娘さんをお嫁さんにほしいというライオン。そこで番人はライオンに条件をだしました……。互いに勝手なことばかり言っていると行き違いから関係を悪くしてしまうことに。 教訓●まじめなお百姓さんに3人の息子がいましたが、みんな怠け者でした。お百しょうさんはそんなむ息子ちが心配でしたが……。人間にとって一番大切なことはこつこつと努力することです。 教訓●池でガアガア鳴くばかりの沢山の蛙たちが、ある日、神さまに自分たちの王さまを授けてくださいとお願いしました……。たとえ、愚かな人でも、乱暴で、悪い人よりも害はありません。


▲このページのトップ


Copyright©AWAZUkikaku All rights reserved